※このブログはPC、またはPCモードでの閲覧を推奨しております!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



↓1日1クリックお願い致します!↓
 
どれか一つだけでもご協力お願い致します(m´・ω・`)m



届いたはいいが・・・

ちゃお!


PCパーツも届き、組立もしていたんですが問題が発生しまして・・・
まさかのマザーボードが初期不良というね(´・ω・`)

具体的な症状は、DIMM1、DIMM2スロットが壊れていて、手持ちの3種類で試しましたがBIOSすら起動しないというものでした
(DIMM3、DIMM4は普通に認識したので、とりあえずそれでOSインストール、BIOSアプデ、ドライバーインスコしました)
MSIのサポートに電話したところ「今年の4月からマザーボードに関するサポートはメールのみとなっております」といわれ

( ゚д゚ )

となった俺
仕方ないのでメールで送信
4、5日後に返信が来て、

「お問い合わせありがとうございます。
MSI サポートセンターの○○です。
弊社の製品をお買い上げ頂きありがとうございます。

お問い合わせの件ですが、
CPUソケットのピンが曲がっている場合、
そのような症状が現れることがあります。

CPUを取り外してCPUソケットを観察して頂き、
ピン曲がり又はグリスの付着がありましたら、
代理店に修理をご依頼ください。

CPUソケットに問題がない場合、マザーボードの
初期不良であると判断致しますので、amazon様に
「エムエスアイコンピュータージャパンの
○○という担当者が
初期不良と判断すると言った」
とお伝えいただき、初期不良交換の手続きをして
頂けますでしょうか。

お手数をお掛けしますが、よろしくお願い致します。」

との返信
いやCPUソケットくらい既にチャック済みですがなwww

というわけで次の日ソッコーamazonのサポートに電話
今までの経緯を話したところなんとその場で発送手続き、次の日には新しいマザボが届きました!
amazon対応はえええええええwwwwwwww
さすがっすわwwwww
(ちなみに交換対応なので、先に交換品が届くので、その中に入ってる納品書にいろいろ書いて(メールで届く内容)、1か月後までに着払いで返送すれば大丈夫です!)

で、組み換えてみたところ問題なく起動!!
メモリを追加し4枚刺しで運用中です

いやー安心した(;´∀`)

初期不良は自作にはつきものとはわかってても今まで初期不良品を掴まされたことがなかったので、やはり万が一を考えてサポート対応が迅速、丁寧なところで買うのが一番ですね!
俺はこれからもamazonを愛用します(`・ω・´)

というわけで、ハプニングもあり記事を書くのが遅くなってしまいましたが、このようなPC構成となりました!

OS       : Windows7 HomePremium 64bit ⇒ Windows7 Ultimate 64bit
Case     : XPredator White Edition(変更なし)
CPU      : Core i7 3770K ⇒ Core i7 4790K
CPU Cooler  : ENERMAX/ETS-T40-VD(変更なし)
MotherBoard : AsRock/Z77 extream6 ⇒ MSI/Z97 GAMING 7
Memory    : CFD/W3U1600HQ-4G 4GBx2(8GB) ⇒4GBx4(16GB)
Graphic    : Gainward/GeForce GTX 770 Phantom(変更なし)
Sound     : Creative/Sound Blaster X-Fi Titanium HD(変更なし)
SSD       : Crucial/m4 CT128M4SSD1 ⇒ CFD/CSSD-S6T256NHG6Q 256GB
HDD       : HGST/HDS721050CLA362(500GB SATA300 7200rpm) x2
           ⇒HGST/HDS721050CLA362(500GB SATA300 7200rpm) x1
             WESTERN DIGITAL/WD10EZEX (1TB SATA600 7200) x1
Power Supply :SILVERSTONE/SST-ST75F-P 750W(変更なし)

こんな感じに変わりました(`・ω・´)

あと変えたいのはHGSTのHDDがSATA2なのでそれをSATA3の2TBくらいのに変更することと、
アプリケーション用SSD512GBの購入ですかね

いろいろベンチやOCなども試したいんですが、まだまだセットアップしなければならないものもあり、そっちの方には手が付けられていない状況です(´Д⊂ヽ

時間あるときにちまちまやっていきます!!

ジャ、マタ |/// | ゚д゚ )ノ"| ///|ウィーン



↓1日1クリックお願い致します!↓
 
どれか一つだけでもご協力お願い致します(m´・ω・`)m



スポンサーサイト

PC強化とハードウェア変更など(2)

ちゃお!

またまたいろいろ買いました!

まずはこの前のOzone/ONDA PRO X-SURROUNDが糞だったということで安定重視でSteel Series 9Hを購入!!

SteelSeries 9H Headset
IMG_20140713_154420_convert_20140717203633.jpg

IMG_20140712_192048_convert_20140717203656.jpg

「Dolby Pro Logic IIx」と「Dolby Headphone」技術を採用したバーチャルサラウンドUSBサウンドカード付きです!
コード多いですが、手元スイッチ(ボリュームコントローラーとマイクミュート)、延長コード、アナログ接続用コード、スマホ用コードとなってます
着脱式ケーブルです

そしてマイクはここ。これが
IMG_20140712_192105_convert_20140717203718.jpg

↓みよーん

IMG_20140712_192129_convert_20140717203807.jpg

と伸びますw

公式からソフトダウンロードしてインスコ
設定画面はこんな感じ

ste9h.jpg

音に関しては、USBサウンドカード経由だと低音が強すぎます
なので高音部分を上げて使ってます

本来イコライザーは、足りない音域を上げるのではなく、不要な音域をカットして使うのが正しい使い方なのですが、上げて使ってるのは音量MAXでもめちゃくちゃ音小さいからです
これに関してはUSBサウンドカードの仕様で「難聴予防の目的でEU(ヨーロッパ連合)が行っているヘッドフォン音量規制に従っているため(4gamerより)」とのこと

そして「日本をはじめとする欧州以外の地域に向けては,この規制を回避するためのスイッチを,Engine 3側に実装することも検討中(4gamerより)」ともあります

より詳しい内容は4亀さんに書いてあるので気になる方は目を通して見てください

SteelSeriesの最新ヘッドセット「Siberia Elite」に驚いた件。そのポテンシャルは価格を大きく超える

Siberia Eliteの記事ですが、採用するスピーカードライバーと、付属するUSBサウンドデバイスおよびケーブル接続仕様が共通のものだそうです(4gamerより)

[TGS 2013]SteelSeries,本当に久々のシリーズ完全新作。今秋発売予定のヘッドセット「Siberia Elite」と「9H」をまじまじとチェックしてみた

マイクに関してはマイクノイズ低減機能のおかげか、かなりノイズがないです!
これはほんとにすばらしい
スカイプで黙ってると「通話切れたかと思った」っていわれるくらい



気になるバーチャルサラウンドですが・・・
これは俺には合いませんでした(´・ω・`)
なんかドルビー特有なのかわかんないけど、残響感?みたいなのがちょっと。。。

ということで、Titanium HDの方につないでみた!
低音ですが、さっきも書いた通りUSBサウンドカード経由だと低音が強すぎましたが、Titanium HDだとイコライザーいじらなくてもいい音してます!!
ヘッドセット自体の音質はかなりいいですね(`・ω・´)

遮音性能ですが、9Hでは密閉型二重遮断イヤーカップ技術というハウジングを二重化して高い遮音性になってます
かなり音に集中できる仕様になってるのでAVAにはもってこいですね!

ちなみにDeToNatorもレビューを書いてますので、興味あれば読んでみてくだし!

[SteelSeries 9H]についてのレビュー!! - DeToNator

ということで今は、ヘッドホンはTitanium HD、マイクはUSBサウンドカードに繋いで使ってます!




お次はモニター!
ついに買ってしまった

XL2420Z!!
Gallery_LCDM_XL2420Z_02image.jpg

144Hz駆動です!
ちなみにAVA推奨モデルですので武器のシリアルもついてきましたw

Alliance of Valiant Arms推奨 ゲーミングディスプレイXL2420Z

見た目はXL2420Tと全く同じ!!!www
まぁこのデザイン結構好きだからいいけどねw

2420Tは120Hz、その後継機が2420TEで144Hzになりましたが、2420Zは何が違うかというと、モーションブラー低減機能の「Motion Blur Reduction」とブルーライトを低減する「Low Blue Light」機能が新たに追加されました!

Motion Blur ReductionはEIZOのFG2421についてるTurbo 240と同じような機能で、黒を挿入して滑らかに見せる技術ですね
実際LCDベンチで見てみると1msでもくっきり見えます!!
これほんとすげー!

しかしデメリットもあって、めちゃくちゃモニターが暗くなります
普段から暗くしてやってる方は設定次第ではある程度まで明るく出来るので全く気にならないと思います
俺は普段から輝度100で使ってるのでめっちゃ暗く感じました(´・ω・`)

でもAVAではほんとぬっっっっっっるぬる!!!!!!!
もう2420Tには戻れないよママン・・・

ただ2420TEから買い替える程かときかれると・・・上の理由により人によるとしか言えないかな(´・ω・`)
しかしながら、今60Hzとか120Hz使ってて、今から144Hz買うっていう方なら断然おすすめです!

ちょっとお高めですけど、これはいい買い物したと本気で思った!
大満足ですね!






さて、お次はまだ届いてないんですが、もう購入済みで明日以降届くものを紹介!
まず、更なるPC強化のためマザーボードから!

MSI Z97 GAMING 7
five_pictures1_3145_20140425182024.png

詳しい仕様は公式サイトへ!
MSI Z97 GAMING 7(MSI公式HP)

最新のZ97チップセット搭載のゲーミングマザーボードですね!
かなり高機能です!!




そして次がCPU!!

Core i7 4790K(Devil's Canyon)
4790k.jpg

先月(6月4日)発売した最新CPUです(`・ω・´)
なんと定格4.0GHz、Turbo Boost時4.4GHz!!(3コア動作時4.3GHz、4コア動作時4.2GHz)
定格で使っても十分な性能!

しかしそれだけではなく、Haswell世代まであったグリスバーガーがなくなり、新素材としてNGPTIM(Next-Generation Polymer Thermal Interface Material)という熱伝導材にポリマー(高分子重合体)を添加したものに変更されており、熱伝導率がアップしています!!
定格でもなかなかの性能ですが、OCもこれまで以上に容易に出来るということですね
(ただ、それでもまだ殻割りしてLIQUID PRO+を塗った方が熱伝導率がいいらしい。俺は殻割りせんけどねw)

ちなみに4Gamerでは『電圧設定「Auto」のまま4.8GHz動作を実現』とのこと(しかも空冷です)
さらに海外のOCチームは空冷で5.4GHzを達成したとのこと(水冷は不明、液体窒素で6.3GHz)
まぁそこまでいくと消費電力とか云々で常用はできないと思いますが(;´∀`)

詳しくは4亀さんのレビューを見てみてくだし!

Devil’s Canyon「Core i7-4790K」レビュー。4コアすべてが定格4GHz駆動の倍率ロックフリーCPUはゲーマーを幸せにするか




お次はSSD!

CFD/CSSD-S6T256NHG6Q
K0000634542.jpg

安心の東芝製!!
まぁ定番で大人気のSSDですねw
256GBです!
SSD TURBO BOOSTという機能があり、激速に出来ますε≡≡ヘ(`・ω・)ノ
システム用に使います




お次はHDD!

WESTERN DIGITAL/WD10EZEX [1TB SATA600 7200]
まぁこれも定番かなw



データ保存用に使います

そしてOS!
windows7 Ultimate 64bit を購入!

あとは10年くらい変えてなかったLANケーブル(CAT5e)を新しくCAT6で買いました!
なぜCAT7にしなかったかといいますと、実はCAT7って通信速度10Gbps(伝送帯域600MHz)まで対応してますが、CAT6やCAT6aの方が歴史が長く、安定していて品質が高いんだそうです

さらに、カテゴリー7は『UTP(unshielded twisted pair)ケーブルではなくSTP(shielded twisted pair)ケーブル、つまりシールドされているため、「STP対応」を明記している機器を使って接地、つまり「アース」を行う必要があり、STP対応機器でなおかつちゃんとアースをしていないと「外皮のアース部分が伝導体となって、異なる電位(アースがきちんと行われていない機器にたまっている電圧)の機器が接触し、ケーブルの中を流れたり、場合によってはスパークし、逆にノイズを発生する」ことがあるため、「カテゴリー7なのに速度が低下する」という事態になるのではないか?と推測されます。なお「STP対応」を明記している1Gbps対応のLANハブは民生用現行機種ではほとんど存在していません』(GIGAZINE(ギガジン) より)
とあります

LANケーブルが変わると速度がどれほどアップするか38種類テスト結果まとめ

ということでELECOMのLD-GP/BU(30m)を2本購入!(1本はPC用、1本は分岐して片方がwifiルーター、もう片方がPS4用)

ちなみに上のサイトでは38本中読みこみ速度4位、書き込み速度10位となっております(30mがこれしかなかったw)
元のルーターの部屋が遠いので30mないと足りないんですよね(´・ω・`)


お次は光回線のプラン変更!
今までフレッツ光ネクストでしたが、フレッツ 光ネクスト ギガへ変更!
ついに我が家でも1Gbps導入です!
NTT東日本フレッツ光 ギガ【公式】


とこんな感じですね

これから買う予定のものとしては、アプリケーション用SSD(容量512GB)を買う予定です
欲を言えばさらに同じメモリ2枚追加して、4GBx4=16GBにしようと思ってます(もしくは、8GBx4新しく買って32GBにしちゃうかも。。。)


これでさらに快適PCライフできそうかな(*´ω`*)

ジャ、マタ |/// | ゚д゚ )ノ"| ///|ウィーン



↓1日1クリックお願い致します!↓
 
どれか一つだけでもご協力お願い致します(m´・ω・`)m



Gainward GeForce GTX 770 Phantomベンチマークレビュー!

ちゃお!

Gainward GeForce GTX 770 Phantomのベンチマークまわしました!
前回と同じベンチマークソフトを使用しています!

↓使用したベンチマークソフト↓
MHF ベンチマーク 第3弾(大討伐)
PSO2 ベンチマーク(キャラクタークリエイト体験版)※現在はver.2になってます
FF14 ベンチマーク※現在は新生エオルゼア キャラクター編になってます
BIOHAZARD5 ベンチマーク
Heaven DX11 Benchmark※使用したのはver.3、現在はver.4になっています
THE LAST REMNANT ベンチマーク

ただし、元からDドライブに入れてたのをそのまま使ってるので、上に書いた以外にもベンチマークソフトがバージョンアッ
プしてる可能性があり、現バージョンと俺が使ったバージョンとではスコアが違う可能性がありますの
で、目安として見てください(;´∀`)

■PC構成
OS      :Windows7 Home Premium 64bit
Case     :AeroCool/XPredator White Edition
CPU     :Intel/Core i7 3770K(Ivy Bridge)
CPU Cooler:ENERMAX/ETS-T40-VD
M.B     :ASRock/Z77 Extreme6
Memory   :CFD/W3U1600HQ-4G 4GBx2(8GB)
Graphic   :Gainward/GeForce GTX 770 Phantom
SSD     :Crucial/m4 CT128M4SSD1
HDD1    :HGST/HDS721050CLA362 (500GB SATA300 7200rpm)
HDD2    :HGST/HDS721050CLA362 (500GB SATA300 7200rpm)
Power Supply:SILVERSTONE/SST-ST75F-P 750W

■グラフィックボード
Gainward/GeForce GTX 770 PhantomはOCモデルですので、リファレンスからかなりのOCがされています

GTX 770リファレンス ⇒ コアベースクロック:1,046MHz(ブーストクロック:1,085MHz) 
メモリーベースクロック:3,505MHz(メモリー動作周波数:7,010MHz 実クロック1752.5MHz)

GTX 770 Phantom定格 ⇒ コアベースクロック1,150MHz(ブーストクロック1,202MHz) 
メモリーベースクロック:3,505MHz(メモリー動作周波数:7,010MHz 実クロック1752.5MHz)

■環境
1.Intel/Core i7 3770K@OC(4.5GHz) R7870 HAWK@OC(コアクロック1200MHz、メモリクロック1350MHz)
※前回のスコアをそのままのせます

2.Intel/Core i7 3770K@OC(4.4GHz)+ GeForce GTX 770 Phantom定格
※夏場なのでCPU4.5GHzでは完走出来なかったため4.4GHzでの計測です。
  CPUもスコアに反映されるようなベンチですと、計測値より若干高いくらいと思ってください。
※コアクロックのブーストクロックは1,202MHzですが、何故か1,254MHzで動作していました


■設定
ゲーム内設定は全て解像度1920x1080 フルスクリーン(FF14は例外)、画質は設定できる中での最高設定
NVIDIA Control Panelの設定はAVA用に設定しているパフォーマンス重視の設定
※詳細は画像参照
キャプチャ


結果は以下!


MHF ベンチマーク(大討伐)
MHF_20140710111751f2e.jpg

まずまずあがってますね(*´∀`)
まぁ当たり前かw


PSO2 ベンチマーク
pso2.jpg

上がりすぎワロタwwwwwww
ここまで差がでるとちょっと驚きですねΣ(´∀`;)
ちなみにver.2ではフルスクリーンモードと仮想フルスクリーンモードがありまして、上記はフルスクリーンモードのスコアですが、仮想フルスクリーンにしたところSCOREが45058に上がりました
仮想フルスクリーンの方が軽いようなので、参考までに!


FF14 ベンチマーク
ff14.jpg

LOWはほぼ変わらず、HIGHだけ上がってます
負荷が低すぎてコア使用率が40%程をうろうろしてたのが原因かもしれません
このベンチはウインドウモードしかできないのがなぁ・・・
ちなみに新生エオルゼア キャラクター編のスコアは12225でした
最高設定でも超快適通り越してますねw


BIOHAZARD5 ベンチマークテストA
bio5_20140710111755536.jpg

上がっているところは大きく上がっていますが、変わらない場面もありました
なんとなく原因はわかっていて、今回はアンチエイリアスを最高のx16で設定しておりますが、たしかR7970のときはx8までしか設定できなかったと記憶しております(勘違いならごめんなさい)
それでも最高設定でこれだけ出ますから、144Hzモニターでもぬるぬる遊べますね!w


Heaven DX11 Benchmark 3.0
heve.jpg

こちらも伸びてはいますが、あまり大きく伸びているわけではないですね(;´∀`)
ちなみに現在のバージョンは4.0なのでそっちでやったらまたスコアが変わるかもしれません


THE LAST REMNANT ベンチマーク
las.jpg

こちらも恐ろしく伸びてますねw
まぁ結構昔のゲームですから(;´∀`)

と、このような結果になりました!

さてここからはグラボのOCをしてベンチをまわしてみたいと思います!
使うベンチマークはBIOHAZARD 6!
BIOHAZARD 6ベンチマーク

見たことないのでちょっとwktk
ちなみにMSI N770GTX Twin Frozr 4S OC V2を購入するとBIOHAZARD 6の無料ダウンロードクーポンが付属しているらしいですよ!

さて、では定格とOCで検証開始!

もう一度スペックを張ります~

■グラフィック
1.リファレンス相当までダウンクロックして計測
GTX 770Phantom DC ⇒ コアベースクロック:1,046MHz(ブーストクロック:1,149MHz) 
メモリーベースクロック:3,505MHz(メモリー動作周波数:7,010MHz 実クロック1752.5MHz)
※上にも書いてありますが、ブースト量がリファレンスより高いため1,149MHzと書いてますが、実際のリファレンスのブーストクロックは1,085MHzですので、これより低いスコアになります。

2.定格で計測
GTX 770 Phantom 定格 ⇒ コアベースクロック1,150MHz(ブーストクロック1,254MHz) 
メモリーベースクロック:3,505MHz(メモリー動作周波数:7,010MHz 実クロック1752.5MHz)
※公式のブーストクロックの表記は1,202 MHzですが実際に1,254MHzで動いているため1,254MHzで表記しました。

3.コアクロックを70MHzオーバークロックして測定
GTX 770 Phantom OC ⇒ コアベースクロック1,220MHz(ブーストクロック1,319MHz) 
メモリーベースクロック:3,505MHz(メモリー動作周波数:7,010MHz 実クロック1752.5MHz)
※元々えげつないオーバークロックがされているモデルですのでこれが限界でした。これ以上OCすると動作停止してしまいます。

■結果

GTX 770Phantom DC
1,046MHz 1,149MHz

GTX 770 Phantom 定格
1,150 MHz 1,254 MHz

GTX 770 Phantom OC
1,220 MHz 1,319 MHz

オーバークロックの意味wwwwwwww
というわけで定格で使うのが一番よさげですね(;´∀`)

今回はこんな感じでした!!

長々と見てくださった方はありがとうございます!

また機会があればいろんなものレビューしますので( `・∀・´)ノヨロシク

ジャ、マタ |/// | ゚д゚ )ノ"| ///|ウィーン



↓1日1クリックお願い致します!↓
 
どれか一つだけでもご協力お願い致します(m´・ω・`)m



PC強化とハードウェア変更など

ちゃお!

久しぶりの更新(`・ω・´)
※いろいろ買ったのでめちゃ長いです

PCのパーツを少し変更したのと、ハードウェアも少し増えたので書いていく!

まずは新しくマウスパッドを新調しました!
今まではARTISANのマウスパッド(最近は紫電改)をずっと愛用してきましたが、
ガチクランに入ったことでスナ専をすることになったので、「初動が早く、止まる」マウスパッドがほしかったのです
ARTISANにも「飛燕」という止まるマウスパッドはありますが、いかんせんあのさわり心地がどうしても気に食わなかったのです・・・
ということで、使用者も多いこちらのマウスパッドを選択!

SteelSeries QCK heavy
mousepad_qck_heavy.jpg

まぁ定番ですね
ARTISANのマウスパッドより若干でかいです

ARTISANのマウスパッドはLサイズで
横42cm x 縦33cm x 厚さ4 mm

SteelSeries QCK heavyは
横45cm x 縦40cm x 厚さ6mm

使ってみた感想
使用者が多いのが納得出来ました
今までARTISAN最強と思ってましたがしばらくこれ使うかもしれません

ただARTISANで新しくオリジナルプリントサービスというのが始まりまして・・・
ARTISAN オリジナル・プリント・サービス
3980円かかりますが、オリジナルのチームロゴだったりキャラ名だったりを作ってプリントしてもらえます

ちなみに俺も作ってみたお!
rogo.jpg

どうでしょう?
こんな感じで自分で作ってプリントしてもらえたらモチベーションもかなり上がりますよねw

ただもうひとつ候補があって
G-Tune Accurate Mouse Pad

見た目はなかなか良さげ
今度買う時はこれを試してみようかと思ってます
ちなみにこちらのマウスパッド、小さいのはハイセンシ用、でかいのはローセンシ用としてそれに合わせて作り方を変えているらしいです
考え込まれてますね


さてお次はヘッドセット!
Sound Blaster X-Fi Titanium HDあるのになんでヘッドセット?と思うかもしれませんが、個人的に「AVAにはCREATIVE」という時代は終わったと思っているため、新しいバーチャルサラウンドゲーミングヘッドセットがほしかったのです。
候補として各社独自のバーチャルサラウンドがついてくる、steelseries/ELITE、steelseries/9H、logicool/G35r、ゼンハイザー/PC 363D USBあたりを考えていたのですが、4亀にて気になる記事を見つけてしまい・・・

USB接続型でバーチャルサラウンド対応のOzone製ゲーマー向けヘッドセット「Onda Pro」発売

Ozone/ONDA PRO X-SURROUNDプロゲーミングヘッドセット
DSC_0020.jpg

こちらを購入してみました
日本でのレビューが皆無(海外レビューは結構あるっぽい)ということでめちゃめちゃ心配だったのですが、X-SURROUNDがどうしても気になり、今回は人柱になってみようということで購入に踏み切りました
早速使用感を書いていこうと思います。

まず箱を開封するとセミハードケースが出てきます!
DSC_0024.jpg

ケース付きとはなかなかですな
オフライン大会とかネカフェに持っていく用かな?

開けるとこんな感じ
DSC_0025.jpg

ちなみにUSB接続です
ドライバーもいりません

使ってみた感想ですが・・・
正直に言います
ゴミ屑です
ほんとそれしか言葉が出てこない

まず音質がくそ
音がこもりまくってて広がりもない
サラウンドONにしても全く変わらない
音量上がったかな?くらいのレベル

そしてマイクが致命的
ノイズリダクションついてる書いてるけどノイズはんぱなさすぎ
そしてマイクの音質も自分が何言ってるかわからないレベルで悪い
1000円くらいで売ってるスカイプ用マイクをオンボに差して使った方が音質いいレベル

プロ用?????
( ゚Д゚)ハァ?
って感じですね

はっきり言ってオンボードでrazer surround使ってた方がはるかにマシ
これで1万2000円とかなめてんの?
言っておきます
絶対買わないほうがいいです
今日届きましたが、明日PCショップかリサイクルショップに売り飛ばしてきます
1000円でも返ってくればいいやってくらいいらない

ということで違うのまた買わなきゃないですね(´・ω・`)
やっぱりsteel series安定かな~
9Hあたりを考えてみます


さて次はマウス!

Razer Deathadder 2013
DSC_0015.jpg

前から気になって夜も眠れなかったマウスですね
気になってたけど先にSteel SeriesのRivalを買ったっていう
でもついに買っちゃったテヘペロ☆
いやね?senseiにもRivalにも不満はないんだよ?
でもマウスって気になったらほしくなるのは俺だけじゃないはず( ゚д゚ )
・・・俺だけかなぁ?(´・ω・`)

ということで並べてみた!
DSC_0022.jpg

左から、Razer Deathadder 2013、Razer Naga Hex Wraith Red Edition、Steel Series Rival、Steel Series sensei、ZowieGear EC2 eVoです

やっぱRivalでけーなw

さて、Deathadderを使ってみた感想ですが、senseiといい勝負してますね!
もっと早く買っておけばよかった(´・ω・`)
かなり使いやすい
クリックもsenseiほどではないですが軽いですね
ちなみにsenseiだとクリック33回いきました
Deathadderはまだためしてないので今度試してみようかな

ちなみに計測サイトはこちら
マウスクリック連射速度テスト

しばらくはDeathadderでいこうと思います!


お次はPCパーツ

まずはメモリーを変えました!
CFD/W3U1600HQ-4G x 2 (8GB)
K0000320521.jpg

まぁ定番のメモリーなので説明不要かな


そしてグラボの変更!
Gainward/GeForce GTX 770 Phantom
DSC_0019_convert_20140709025415.jpg

Gainwardは結構マイナーなイメージがありますが、オーバークロックが得意でえげつないメーカーです

以下GTX770の性能表です(有名メーカーのみ。参考までに)
リファレンス ⇒ コアベースクロック:1,046MHz(ブーストクロック:1,085MHz)
MSI N770GTX Twin Frozr 4S OC V2 ⇒ コアベースクロック:1,058MHz(ブーストクロック:1,111MHz)
ASUS GTX770-DC2OC-2GD5 ⇒ コアベースクロック:1,058MHz(ブーストクロック:1,110MHz)
ZOTAC GeForce GTX 770 ZT-70302-10P ⇒ コアベースクロック:1,059MHz(ブーストクロック:1,098MHz)
玄人志向 GF-GTX770-E2GHD/OC ⇒ コアベースクロック:1,110MHz(ブーストクロック:1,163MHz)
GIGABYTE GV-N770OC-2GD ⇒ コアベースクロック:1,137MHz(ブーストクロック:1,189MHz)
Gainward GeForce GTX 770 Phantom ⇒ コアベースクロック:1,150 MHz (ブーストクロック:1,202 MHz)


今までずっとRadeonを使ってきました
コンシューマー機もすべてRadeon製のチップを使っているので、これから出るほとんどのゲームはRadeonに最適化されるだろうということからRadeonを使っていたのですが・・・(実際RadeonではグラフィックスAPIの「Mantle」を作り、BF4を始めとしてMantle採用ゲームもかなり出てきているため、圧倒的にRadeonの方が有利)
完全にAVA優先でGeForceへと乗り換えました

まぁ前のR7870 HAWKでも200FPS出ていたんですが、(170とかまで落ち込むことはあった)それでもやはりガチでやるからには・・・みたいなw
気持ちの問題でしょうけどね(´・ω・`)

ちなみにGTX760でも200FPSは出るようです(ただ、やはり200FPS張り付きではなく、場面によっては少し落ち込むことがあるらしい)
どの場面でも200FPS安定で出るような絶対的な性能を求めてGTX770に決めました
(ちなみにAVAの公式大会で使用されているグラフィックカードもGTX770のようです)

参考:びすた無限のオンラインゲームブログ
AVAを快適にプレイするために必要なPC性能

売れてるのはMSIのN760GTX Twin Frozr 4S OC V2で価格.comでは¥27,180です
GTX760で一番安いのが、Palit Microsystems GeForce GTX 760 NE5X76001042-1042Fで、¥24,570
GTX770で一番安いのが同じくPalit Microsystems GeForce GTX 770 JETSTREAM NE5X770H1042-1045Jで¥34,780となっています

Gainward/GeForce GTX 770 Phantomは価格.comで¥39,980となかなかお高めなのですが・・・
実は地元のPCショップで展示品限りの限定価格でなんと¥30,000で購入出来ました!!
めちゃくちゃ安い!!

ほんと運がよかったと思います
こいつに出会ってなければ間違いなく¥36,000のGIGABYTE GV-N770OC-2GD買ってましたねw
で、予定より¥6,000浮いたのでデスアダー買ったみたいな感じですけどねwww

HAWKとでかさ比較
DSC_0023.jpg
HAWKはファンのでっぱりがあって、あまり大きさ変わらないように見えますが、実際は結構でかさが違います
やっぱりいいグラボはでけぇな(´・ω・`)


こんなもんかな
次の記事ではベンチマーク回してみます!
前回の記事でR7870 HAWKのデータはとっているので、目を通しておいてくださればありがたいです(`・ω・´)

CPUの変更によるベンチマーク検証!

ジャ、マタ |/// | ゚д゚ )ノ"| ///|ウィーン



↓1日1クリックお願い致します!↓
 
どれか一つだけでもご協力お願い致します(m´・ω・`)m





訪問人数
合計
プロフィール

おりゅー

Author:おりゅー
年齢:28
性別:男



詳しくはツイプロを御覧ください!
ツイプロフィール

【Facebook】
Facebook
Facebookページ

【バンドHP】
サタデーナイトフィーバー公式HP

【自動車ブログ】
みんカラブログ

【歌ってみた】
歌ってみた(ニコニコ動画マイリスト)

■Mix師もしてます!■
今までMixを手掛けた作品
(ニコニコ動画マイリスト)


Mix、マスタリングのご依頼は
メールフォームまたはツイッターへ!
※多忙のため現在MIX休止中
 マスタリングのみ受付中!

【ニコニココミュニティ】
おりゅーの集い

_______________

現在プレイ中のゲーム

スターオーシャン アナムネシス
【Name】
おりゅー
【ID】
XR25YTSTET

[公式サイト]
【iOS・Android】
スターオーシャン アナムネシス



ドラゴンボールZ ドッカンバトル
【Name】
おりゅー
【ID】
919 180 273

[公式サイト]
【iOS・Android】
ドラゴンボールZ ドッカンバトル





AVA
(Alliance of Valiant Arms)
【Clan】
現在未所属
【Main Character Name】
ArA-SaN
【階級】
大尉5
【S/D】
1.8
【Main Weapon】
(SR)
mosin-nagant engrave
mosin-nagant prominence
Blaser R93 Wound
【Main Hardware】
Steel Series/sensei
Steel Series/QCK heavy
Topre/REALFORCE91UBK
Steel Series/Steel Series 9H
BenQ/XL2420Z
【マウス感度】
DPI:450
AVA:5.2
【Sub Character Name】
あらやだ 中尉5
あらさんw 曹長3
-戦場のギタリスト-
x戦場のギタリストx
あらやだw
あらやだww
他10アカウント


[公式サイト]
Alliance of Valiant Arms

メールフォーム

メールはこちらから!
メールフォーム

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
6345位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2547位
アクセスランキングを見る>>
メインPC
DSC_03_20130228232507.jpg
DSC_03_20130228232507.jpg

PC
OS
Microsoft
Windows10 Pro 64bit
Case
AeroCool
XPredator White Edition
CPU
Intel
Core i7 4790K(Devil's Canyon)
CPU Cooler
ENERMAX
ETS-T40-VD
MotherBoard
MSI
Z97 GAMING 7
Memory
CFD
W3U1600HQ-4G
4GBx4(16GB)
Graphic
Gainward
GeForce GTX 770 Phantom
Sound
Creative
Sound Blaster X-Fi Titanium HD(ゲーム用)
TASCAM
US-322(音楽用)
SSD
CFD
CSSD-S6T256NHG6Q 256GB
HDD
WESTERN DIGITAL
WD10EZEX (1TB SATA600 7200)
HGST
HDS721050CLA362(500GB SATA300 7200rpm)
Power Supply
SILVERSTONE
SST-ST75F-P 750W

HardWare
Mouse
Steel Series
sensei (メインマウス)
Steel Series
sensei RAW
Steel Series
Rival
ZowieGear
EC2 eVo
Razer
Naga Hex Wraith Red Edition
Razer
Deathadder 2013
Logicool
G502s(メインマウス)
Logicool
G700
Logicool
Wireless Trackball M570t(ゲーム以外)
Mouse Pad
ARTISAN
紫電改(現在使用中)
Steel Series
QCK heavy
Keyboard
Topre
REALFORCE91UBK (メインキーボード)
CM Storm
Quick Fire Rapid 茶軸
Headphone
Logicool
G633 ARTEMIS SPECTRUM(メインヘッドセット)
Steel Series
Steel Series 9H
AKG
271MKⅡ(音楽用)
SONY
MDR-CD900ST(音楽用)
Monitor
BenQ
XL2420Z(メインモニター) XL2420T
MITSUBISHI
RDT234WX-Z
使用デバイス
使用PCパーツ
オススメゲーミングデバイスリンク
FPSゲームにフォーカスした
マウスパッド ARTISAN
おりゅー愛用は紫電改 Lサイズ!


FPSならこれ! おりゅー愛用はsensei!




コスパ最強!


見た目も性能も重視するなら!

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。